So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ナイアシンと統合失調症 [健康]

ナイアシンの存在そのものがまだまだマイナーな日本では、このナイアシン療法を取り入れている心療内科は限られているようですね。

でも、実際にナイアシン療法でうつ病や統合失調症を改善させたという人は少なくありません。

統合失調症とは、精神疾患の一種で、妄想や幻覚などを頻繁に引き起こす病気です。

ナイアシン療法と同様、まだまだマイナーな心疾患ですが、双極性障害と並ぶ二大精神疾患とされているんですよ。

ただし、薬でコントロールする事が比較的安易な病気でもあるんです。

そこで、ナイアシンを中心とした栄養補給療法が活躍するという訳なんですね。

実際問題、統合失調症は、一度発症すると、うつ病のように完治が難しく、高血圧などと同様、一生つきあわなければならない事が多いと言われています。

なので、糖尿病の人のインスリンと同じように、一生ナイアシンを補充し続けている人も少なくないそうです。

ただ、それで精神が安定し、そこそこ日常生活に支障を来す事がなければ、それはそれでいいんでしょうね。

アメリカではもう50年位前から、このナイアシン療法は当たり前のように活用されています。

日本でも、統合失調症という病気そのものは江戸時代からあったと言われていますよね。

なのに、何故、ナイアシン療法が、つい最近まで普及しなかったんでしょうね。

ナイアシンはビタミンですから、特別怖い物質ではありませんが、ナイアシンの過剰摂取は、様々な副作用を招くと言われています。

つまり、ナイアシンは、少なすぎても多すぎても問題ありきの物質なんです。

また、日本人の食習慣を考えると、通常はそれほど不足する事も過剰気味になる事もないと言われています。

ただ、食生活が欧米化してきた昨今、やはりナイアシンのバランス調整も欧米並に難しくなって来ているのかも知れませんね。

だから、欧米と同様の医学療法も必要とされて来ているのでしょう。

ナイアシンは、心身の健康を維持するためには、絶対必要な栄養素です。

心も体も疲労が嵩む現代社会、我々は、いつ、うつ病や統合失調症に見舞われてもおかしくはない現状に立たされています。

皆さんも一度、暇な時にでも、健康関連のブログやサイトで、ナイアシンについて学習されてみてはいかがでしょうか。





『詰め込み式現金化ツール公開マニュアル』27年間連続プラス収支のポートフォリオ型自動競馬ソフト「グローバル・ピース」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。