So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ナイアシンを含む食品 [健康]

ナイアシンはニコチン酸と呼ばれるビタミンB3と、ニコチンアミドと呼ばれるビタミンB4の総称、つまり、ナイアシンという独自の物質は存在しません。

ようするに、ナイアシンと言えば、ビタミンB3とビタミンB4の事なんです。

そう言われると、何となく親しみも沸いて来るだろうし、どんな食品に多く含まれているのかも思い浮かべやすいですよね。

ただ、ナイアシンはビタミンC類じゃなくて、ビタミンB類ですからね。

野菜や果物よりも、カツオやイワシ、鮭といった魚介類に最も豊富に含まれています。

後、お肉なら鶏肉がお勧めで、豆類や穀物類にもナイアシンはたっぷりと含まれているそうです。

時よりピーナッツをつまみにお酒を飲むと、消化に余りよくないという話を聞きますが、実際は正反対。

必要以上にナイアシンを消費するアルコールを摂取する際は、ピーナッツを添えると、中々グッドな恩恵に被れるんだそうですよ。

ただし、ピーナッツを食べ過ぎると、消化不良を起こす可能性があるのも事実。

ナイアシンの過剰摂取は、消化器系に支障を来す副作用を持っているので、十分注意した方がいいでしょう。

ナイアシンには、一日に摂取するべきナイアシン量を定めた3つの数値があります。

そのうちの一つが、一日最低限必要なナイアシンの量を記した推定平均必要量で、もう一つが、成人推奨量です。

これに一日の上限量を加えた3つの値は、いずれも公的機関が定めた数値で、年代と性別によって異なります。
ナイアシンの不足や過剰摂取が気になる方は、一度調べてみられるといいかも知れませんね。

とは言っても、例えばカツオのお刺身だけで一日の理想のナイアシン量を補おうと思うと、1キロ位食べないといけないっていう話も聞いた事があります。

かと言って、ご飯やパンにもそこそこは含まれていますから、全く不足するという事も余りないと言いますしね。

まあ、健康関連のブログやサイトを読んでいても、日本人でナイアシン欠乏症に陥る人はめったにないみたい。

だからって、安心は出来ないから、少しは勉強して知識と意識を持っておく事は大事でしょうね。

と言う事で、私ももう少しナイアシンに関するブログやサイトを読んでみたいと思っています。





【新登場】月収60万円の連続入金ビジネス的中率47%・回収率148%■プレミアムホースⅡ■
タグ:ナイアシン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。