So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ナイアシンの過剰摂取の恐怖 [健康]

ナイアシンの過剰摂取によって齎されるナイアシンの副作用にはどういうものがあるのでしょうか。

最も怖いナイアシンの副作用は、血液中のインスリンというホルモンの働きを妨害してしまう事だと言われています。

他にもいくつかの副作用が判明しているそうですが、やはり、このインスリンへの作用が、ナイアシンを過剰摂取した際に最も重要視される部分みたいです。

インスリンと言えば、確か血糖値を下げる働きをするとても大切なホルモンで、ほら、よく糖尿病の患者さんが注射していますよね。

という事は、ナイアシンを取りすぎると、糖尿病になるかも知れないっていう事・・・。

もしこれが事実なら、何気なくビタミン剤やサプリメントを飲むのはもってのほかという事になります。

でも、その一方で、ナイアシンは血管を拡張したり、悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変えたりする栄養素だとも言われています。

また、皮膚や粘膜の免疫力を高める作用もあって、肌荒れや口内炎なども防いでくれるんですよね。

正義の味方なのか、それとも悪の使者なのか、ナイアシンの実態はいかに・・・っと言ったところでしょうか。

糖尿病を防ぐためにも十分に摂取したいナイアシンの長所と、糖尿病を発症させてしまうかも知れないナイアシンの過剰摂取による短所との関係、気になりますよね。

ナイアシンには、推定平均必要量と、推奨量、そして一日の上限量というのが国の公的機関によって定められています。

その推奨量を見ると、一日の上限量を大幅に下回っていて、推定平均必要量は更に低い数値が提示されています。

推定平均必要量というのは、その年令の半数の日本人が毎日最低限摂取しなければならないナイアシンの基本量、推奨量は、各年齢ごとの理想の摂取量です。

そして、言うまでもなく、上限量というのは、健康に支障を来さないであろうと考えられる最も多い量で、今回私が問題視している数値ですね。

ナイアシンは普通の食生活をしていれば、殆ど不足する事はない代わりに、取りすぎる事もないと言われています。

そのため、その効能の援助を必要とする疾患を持っている場合は、薬やサプリメントなどを利用して、多めに取るのは決して悪い事ではないようです。

ただ、ナイアシンの性質をしっかり理解して、正しく摂取するためには、健康関連のブログやサイトで学習する事は、必要不可欠なんでしょうね。

私も一人でビクビクしている位なら、勇気を出してチェックしてみようと思って、さっき照合しました。

そしたら、今飲んでいるビタミン剤によるナイアシンの過剰摂取は楽々クリアしているみたいで、ほっと一安心です。
タグ:ナイアシン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。