So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ナイアシンとは [健康]

ナイアシンが最近足りてないんじゃないの、お母さん、絶対ナイアシン欠乏症だよ。

昨日、娘にそう言われた私、ナイアシンとは一体なんぞや?って感じなんですよね。

娘は今年から栄養士になるための専門学校に通っていて、やたらめったら偉そうに何だかんだ言うようになりました。

それにしても、近頃すぐに私が怒るのはナイアシン不足じゃないかって、失礼しちゃうと思いませんか。

私だって怒りたくて怒っている訳じゃなく、娘が勝手な事ばかりするから怒るんです。

つまり、私の怒りの元はナイアシンなんかではなく、娘自身にあるんですよね。

ここだけの話だけど、どうやらボーイフレンドが出来たみたいで、親の心配は増す一方です。

と、つまらない母の愚痴はさておいて、問題はナイアシンなる物の実態。

こう見えても、パソコン大好きでインターネット大好きの私は、何でもすぐに調べる癖があるんです。

そこで早速、ナイアシンとは・・・をキーワードに調査してみました。

ナイアシンは水に溶ける水溶性ビタミンで、ビタミンB群に属するニコチン酸とニコチンアミドの総称をナイアシンと呼ぶそうですね。

そして、不足すると娘の言う通り、ナイアシン欠乏症を発症し、様々な心身異常を来すそうです。

でもちょっと待って、ニコチンって体に悪い物質の代表格じゃなかったっけ。

禁煙ブームの昨今、どうしてナイアシンがもてはやされているんだろう、ふとこんな疑問を抱いてしまいました。

それに、確かにビタミンは私たちの体に必要不可欠な栄養素、なのに何故、タバコは体に悪いと言われるんでしょうね。

と思ったら、実は実は、タバコに含まれるニコチンと、ナイアシンの一種であるニコチン酸は縁もゆかりもない全くの別物なんですね。

ビタミンBの一種であるニコチン酸とは異なり、タバコなどに含まれるニコチンは、無色の油状液体で、アルカロイドの一種です。

ナイアシンに含まれるニコチン酸は、神経系の健康を維持する働きをするのに対し、タバコなどに含まれるニコチンは、神経系に大きな異常を来します。

そんなニコチンは、依存性や中毒性をもたらす事も少なくなく、末梢神経や中枢神経を刺激しては血管を収縮させ血圧を上昇させます。

ところが、ニコチン酸を含むナイアシンは、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に不可欠な物質で、皮膚や粘膜維持を助けたり、神経系の正常維持をサポートしてくれているんですね。






【業界初の新機能搭載!】 ブックメーカー投資ソフト「TripleA」たった10点買いで勝負をつける「GRAND BIGINNING」ついに解禁!!
タグ:ナイアシン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。